惣兵衛米玄米甘酒【5本セット】

定価 3,000円(税込3,240円)
販売価格 3,200円(税込3,456円)
購入数

 

 

【この商品は5本セットです】

1袋 にたっぷり220g、濃縮3倍タイプだから非常にお得です!
 

岡部賢二先生太鼓判「月のリズムでダイエット」と同じレシピでつくりました。

玄米甘酒のいいところは発酵した甘みというところ。
白砂糖と違って血糖値を急激にあげないし、ビタミンミネラル酵素がたっぷりなので体に負担をかけません。

酒粕に砂糖を添加してつくるタイプのものとちがって、玄米と麹と水だけでつくった天然甘み成分です。
腸をキレイにする発酵食品はお肌がキレイにあると評判。
冷やしてそのまま召し上がったり、白砂糖の代わりに料理に、おやつに。


製造依頼している もとみやさんのHPはこちら
 

  100gあたり
エネルギー(kcal)

319

たんぱく質(g) 5.0
脂質(g) 1.3
炭水化物(g) 71.5
食塩相当量(g) 0.0

 

玄米甘酒でダイエット

マクロビオティック講師としてひっぱりだこ<br />
岡部賢二先生の著書「月のリズムでダイエット」と同じレシピです。

月を意識して暮らすだけでカラダがみるみる若返る!
満月の夜と新月の夜は「夕食抜きの甘酒断食」でデトックス!

月のリズムでダイエット
岡部 賢二

岡部先生は著書の中で「女性は月の満ち欠けに合わせて暮らすとリズムが整う」と語っています。新月にかけては解毒が、満月にかけては吸収力が高まります。この力を利用したのが「満月の夜と新月の夜は夕食抜きの甘酒断食」。塩浴することでデトックス効果がさらに高まるそうです。


甘酒ひとくちメモ

江戸時代には夏バテ予防に「飲む点滴」として重宝され、甘酒の量り売りが往来を歩いていました。
また、白砂糖の取り過ぎによる弊害は色々と問題になっています。
甘酒の天然成分の甘みは、体に優しく、血糖値の上昇も緩やか。体に負担をかけない安全な健康食品です。

←江戸時代の甘酒売り
「近世風俗志」喜田川守貞より 

おいしい召し上がり方

玄米甘酒

あえてプチプチした食感を残して仕上げました。
夏は冷やして、冬は温めてお召上がりください。
葛を溶かしてスライスした生姜をのせると味のアクセントにもなり、体が芯から温まります。
かなり甘みがありますので、水かお湯で3倍にうすめて、お好みの甘さに調節してもOKです。
凍らせてシャーベット状にしたり、デザートの甘味にお使い頂くのも人気です。


玄米甘酒スムージーのつくりかた

原材料:フルーツ100g 豆乳50g 玄米甘酒50g 天然塩か塩麹少々

すべての材料ジューサーミキサーでかくはんしてできあがり。
酵素たっぷりの美肌ドリンク。
これにグリーンの野菜をいれてもいいですね。

朝起きて白湯を1杯飲んだ後、酵素・ビタミン・ミネラルたっぷりの玄米甘酒スムージーを飲むと体の調子が整いますよ。



最近チェックした商品

カートを見る

モバイル

直営店のご案内

岩手県花巻市 ソーベーズカフェ