カート
ユーザー
絞り込む
商品カテゴリ
惣兵衛米について
LINE連携
【2023年産】惣兵衛米古代米
1,000円(税込1,080円)
購入数

【2023年産】惣兵衛米古代米
1,000円(税込1,080円)

惣兵衛米古代米

惣兵衛米の隣の田んぼで栽培しています。

紫のうるち米。1合につき大さじ1杯まぜるだけ
さっと水洗いしたら、お米と一緒に浸水させてください

【惣兵衛米は冷蔵庫(野菜室)での保管をおススメいたします】

美味しさのポイントは3つ

1土がいい。

昔から惣兵衛家の米は粘土質の土壌なので美味しいと定評がありました。
近所のお年よりは「本田(ほんでん)」と呼びます。
調べてみると、江戸時代の検地以前に稲作を植えていた土地をそう呼ぶそうです。
1995年からEM完全発酵肥料で減農薬栽培、2004年からはマルチ再生紙による田植えと、こまめな畦畔の草刈り、EM有機発酵肥料のみの特別栽培でさらに状態がよくなっております。
「とにかく理屈抜きに美味しい」と言われる理由の1つに本田の土であることは間違いないようです。

2安心の農法。

稲作にとって一番のネックが雑草と、カメムシ被害。
前者の対策に除草剤、後者の対策に防除剤、殺菌剤を使わざると得ませんでした。
また、安定した収量の確保のために土壌改良剤として化学農薬を使います。
国の買い取り価格は一律なこと、米価は下がる一方なので、
高い有機肥料より、安価な化学農薬でコストダウンを計らざると得ないからです。
また、コストカメムシ被害で黒い斑点が出て、等級が落ちると買取価格に影響しますし、
収穫量が下がると収入にダイレクトに響くという事情がありました。

222

惣兵衛米の農法

こだわり米グループの手植え

色の違いを利用し長年て子供たちと田んぼアートにとりくんできました。
現在は地域の”こだわり米グループ”で栽培しています。

鶏糞とEM完全発酵肥料

肥料は高品質有機肥料と岩手コンポストの「すーぱーゆうき」という
EM完全発酵肥料を使っております。

畦畔のこまめな草刈

再生マルチ紙の田植えにより、田んぼ内にはあまり雑草は生えませんが、問題は畦畔の草刈。
雑草の生育が早く、人力で草刈をするのが重労働。
ただ、雑草はカメムシの温床になるため、こまめな草刈が重要です。
電動草刈機を背負い、こめまに人力で草を刈っています。

3厳選した粒だけを出荷。

「こんなキレイな玄米は見たことがない!」とよく言われます。
ゴミや石ころをはじくのはもちろん、色彩選別機で粒よりの玄米を厳選出荷しています。
さっと洗うだけで美味しい玄米が食べられます。

333

美容と健康によくて、なおかつ美味しい。ご飯は玄米で食べるに限ります

うるち米なので玄米と一緒に炊くと柔らかくなります
普通の炊飯器しかなくても、玄米に古代米を混ぜて炊くだけで
柔らかみが増します。
白米と炊くと色の変化がよくわかります。炊き立てごはんに酢をいれるとピンクになるため、巻きずしにしても楽しいですよ。

惣兵衛米をおいしく食べよう!直営店ソーベーズカフェ

マクロビオティック・ベジタリアン・ヴィーガン対応

Sobe‘s Cafe(ソーベーズカフェ)

〒025-0024 岩手県花巻市山の神578-4
phone & fax 0198-24-7107
11:00〜17:00 月曜定休
http://cafe.sobe.jp/

この商品を購入する